痩せたのにぽっこりお腹の原因は体幹が弱いから!?

ダイエットをしてる方の大半はただ痩せたいだけではなく、引き締まったメリハリのある体を手に入れたいのではないでしょうか。

せっかく食事制限やウォーキングをして痩せたのに「お腹の脂肪だけが落ちない」「理想の体になれなかった」という人は少なくありません。

その原因は体幹が弱いからかもしれません。体幹が弱いと脂肪燃焼して痩せても体が引き締まって見えないからです。

体幹とはどこのこと?

体幹とは基本的に体の頭・腕・脚を除いた胴体の部分を指します。

よく耳にする「体幹トレーニング」はアスリートがパフォーマンスアップのためにするものと思われがちですが、体幹は姿勢の維持や体を動かすときの起点になるので、私たちの日常生活に深く関わる部分です。

体幹の鍛え方

筋肉は層になっていてアウターマッスルとインナーマッスルで構成されています。体幹を強化するにはその両方をバランスよく鍛えることが重要になります。

アウターマッスルは腕の力こぶや胸筋、腹筋など目に見える表層の筋肉なので意識して鍛えやすいですが、インナーマッスルは深層にあり見た目ではわからなく、触れることができないので意識することが難しい部分です。ターゲットのインナーマッスルがどこにあるのか理解することが重要です。

意識するインナーマッスル

インナーマッスル

胴体部分には「横隔膜」「多裂筋」「腹横筋」「骨盤底筋」の体幹に深く関わる4つのインナーマッスルがあります。この4つの筋肉を鍛えうまく連動させることで、横隔膜の下にある腹腔内の圧力(腹圧)を高めることができます。

腹圧が弱いと内臓を正しい位置に維持できず反り腰になってしまい、ぽっこりお腹や腰痛の原因にもなってしまいます。腹圧を高めることで、姿勢が整い骨盤が安定しお腹周りを引き締めることができます。

まずは腹式呼吸から

ドローイン

体幹トレーニングの基本は「ドローイン」という呼吸法です。ドローインとは息を深く吸い込んでお腹を膨らませ、はくときは息をすべてはききりお腹をへこませる腹式呼吸です。

ドローインは横隔膜や骨盤底筋に刺激をあたえることができ、腹圧を高めることに効果的です。まずは腹式呼吸を習慣づけることが体幹を鍛えるスタート地点です。

エステでインナーマッスルトレーニング!

マグシェイプ施術

当店で使用している「マグシェイプ」というマシンで腹横筋や骨盤底筋、大臀筋(お尻)を鍛えることができます。ダイエット目的だけではなく、ゴルフやランニングをされるお客様にもご好評いただいております。

ご興味のある方は初回体験コースのインナーマッスル強化コースをお試しくださいね。

初回体験コース

ブログを最後まで読んでいただきありがとうございます。

当店では初めてご予約するお客様には初回体験コースの3つのメニューの中からお選びいただいております。初回は通常価格の45%OFF!さらに、すべてのコースでAI姿勢分析が無料で行えます!

初回体験コース

初回体験コース

武田

指圧・アロマトリートメント・ハンドエステ・痩身機器による痩身サービスの提供(エステティシャン歴8年)

AEAJ アロマテラピー検定2級

日本腸セラピスト認定協会
・腸セラピスト

一般財団法人 日本能力開発推進協会
・腸活アドバイザー®資格
・筋膜リリースセラピスト資格

関連記事

PAGE TOP